院長からのごあいさつ

まろ鍼灸院 院長 宮沢滋麿(みやざわ しげまろ)

まろ鍼灸院 宮沢滋麿(みやざわ しげまろ)

こんにちは!
院長の宮沢滋麿(みやざわ しげまろ)です。

鍼灸治療と聞くと、みなさんはどのようなイメージをお持ちでしょうか? なかには、「鍼は、太くて痛い。」、「お灸は、お寺の催しとして毎年ニュースで報道されているように、大きくて熱さを我慢するもの。」と思われている方はいませんか?

日本の鍼灸治療は、繊細で感受性の高い日本人の体(皮膚)にあった、細い鍼による刺激の少ない治療を発展させてきました。
当院でも、主に髪の毛のように細い鍼と米粒より小さなお灸を使い、痛みや熱さのほとんど無い、からだにやさしい治療を行っています。
また、鍼灸治療は肩こり・腰痛・膝関節痛などの運動器系の疾患だけではなく、便秘や下痢・食欲不振などの消化器系の疾患や更年期障害・不妊などの婦人科系の疾患、頭痛やめまい・のぼせ・冷え性・不眠症など、様々な症状に効果があります。
特に、自律神経失調症などの原因が特定できないけれど自覚症状のある不定愁訴にお苦しみの方や、病気とは思わないが何となく体調のすぐれない日々が続いている方には、ぜひお試しいただきたいと思っています。

当院では、肩こりには肩だけ・腰痛には腰のみというように症状のある特定の部位のみを治療するものではなく、心身(からだ)全体のバランスを整えることにより自然治癒力や免疫力を高め、病にかかりにくい心身(からだ)になるように全身治療を行っています。
そのため、治療の内容は、お一人お一人の症状や体質に合わせたオーダーメイドで丁寧な治療です。
一人でも多くの方に、この鍼灸治療を知っていただき、健康の維持・向上に役立てていただきたいと思い鍼灸院を開業しました。ぜひ、この機会にご利用ください。
ご連絡お待ちしています。